ザ・ベスト 小倉百人一首 〜(一社)全日本かるた協会〜 | V.A.

  • cd

ザ・ベスト 小倉百人一首 〜(一社)全日本かるた協会〜



19ポイント
¥1,980(税込)

ご注文確定後、お客様のご都合によるキャンセル・返品はお受けしておりません。
お支払方法
発売日:
2019年11月27日
在庫
規格品番 COCN-60032
通販品番 S2272
JANコード 4549767075419
ディスク枚数 1
  • 商品をお気に入りに登録
  • マイアーティストに登録
  • twitter

収録内容

  • 1 序歌 難波津に咲くやこの花冬ごもり
  • 2 秋の田のかりほの庵のとまをあらみ
  • 3 春過ぎて夏来にけらし白妙の
  • 4 あしびきの山鳥の尾のしだり尾の
  • 5 田子の浦にうち出でてみれば白妙の
  • 6 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の
  • 7 かささぎの渡せる橋に置く霜の
  • 8 天の原ふりさけみれば春日なる
  • 9 わが庵は都のたつみしかぞ住む
  • 10 花の色は移りにけりないたづらに
  • 11 これやこの行くも帰るも別れては
  • 12 わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと
  • 13 天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ
  • 14 筑波嶺の峰より落つるみなの川
  • 15 陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに
  • 16 君がため春の野に出でて若菜つむ
  • 17 立ち別れいなばの山の峰に生ふる
  • 18 ちはやぶる神代も聞かず龍田川
  • 19 住の江の岸に寄る波よるさへや
  • 20 難波潟短き蘆のふしの間も
  • 21 わびぬれば今はた同じ難波なる
  • 22 今来むといひしばかりに長月の
  • 23 吹くからに秋の草木のしをるれば
  • 24 月見れば千々に物こそ悲しけれ
  • 25 このたびは幣も取りあへず手向山
  • 26 名にし負はば逢坂山のさねかづら
  • 27 小倉山峰のもみぢ葉心あらば
  • 28 みかの原わきて流るるいづみ川
  • 29 山里は冬ぞ寂しさまさりける
  • 30 心あてに折らばや折らむ初霜の
  • 31 有明のつれなく見えし別れより
  • 32 朝ぼらけ有明の月と見るまでに
  • 33 山川に風のかけたるしがらみは
  • 34 久方の光のどけき春の日に
  • 35 誰をかも知る人にせむ高砂の
  • 36 人はいさ心も知らず古里は
  • 37 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを
  • 38 白露に風の吹きしく秋の野は
  • 39 忘らるる身をば思はず誓ひてし
  • 40 浅茅生の小野の篠原忍ぶれど
  • 41 忍ぶれど色に出でにけり我が恋は
  • 42 恋すてふ我が名はまだき立ちにけり
  • 43 契りきなかたみに袖をしぼりつつ
  • 44 逢ひ見ての後の心にくらぶれば
  • 45 逢ふことの絶えてしなくはなかなかに
  • 46 あはれとも言ふべき人は思ほえで
  • 47 由良の門を渡る舟人梶を絶え
  • 48 八重葎しげれる宿のさびしきに
  • 49 風をいたみ岩うつ波のおのれのみ
  • 50 みかきもり衛士のたく火の夜は燃え
  • 51 君がため惜しからざりし命さへ
  • 52 かくとだにえやはいぶきのさしも草
  • 53 明けぬれば暮るるものとは知りながら
  • 54 嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は
  • 55 忘れじの行末まではかたければ
  • 56 滝の音は絶えて久しくなりぬれど
  • 57 あらざらむこの世のほかの思ひ出に
  • 58 めぐり逢ひて見しやそれともわかぬ間に
  • 59 有馬山猪名の笹原風吹けば
  • 60 やすらはで寝なましものを小夜更けて
  • 61 大江山いく野の道の遠ければ
  • 62 いにしへの奈良の都の八重桜
  • 63 夜をこめて鳥の空音ははかるとも
  • 64 今はただ思ひ絶えなむとばかりを
  • 65 朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに
  • 66 恨みわびほさぬ袖だにあるものを
  • 67 もろともにあはれと思へ山桜
  • 68 春の夜の夢ばかりなる手枕に
  • 69 心にもあらでうき世にながらへば
  • 70 嵐吹く三室の山のもみぢ葉は
  • 71 さびしさに宿を立ち出でてながむれば
  • 72 夕されば門田の稲葉おとづれて
  • 73 音に聞く高師の浜のあだ波は
  • 74 高砂の尾上の桜咲きにけり
  • 75 憂かりける人を初瀬の山おろし
  • 76 契りおきしさせもが露を命にて
  • 77 わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの
  • 78 瀬を早み岩にせかるる滝川の
  • 79 淡路島かよふ千鳥の鳴く声に
  • 80 秋風にたなびく雲の絶え間より
  • 81 長からむ心も知らず黒髪の
  • 82 ほととぎす鳴きつる方をながむれば
  • 83 思ひわびさても命はあるものを
  • 84 世の中よ道こそなけれ思ひ入る
  • 85 長らへばまたこのごろやしのばれむ
  • 86 よもすがら物思ふころは明けやらで
  • 87 嘆けとて月やは物を思はする
  • 88 村雨の露もまだひぬ槇の葉に
  • 89 難波江の蘆のかりねのひとよゆゑ
  • 90 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば
  • 91 見せばやな雄島のあまの袖だにも
  • 92 きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに
  • 93 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の
  • 94 世の中は常にもがもな渚漕ぐ
  • 95 み吉野の山の秋風小夜ふけて
  • 96 おほけなくうき世の民におほふかな
  • 97 花さそふ嵐の庭の雪ならで
  • 98 来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに
  • 99 風そよぐならの小川の夕暮れは〜人もをし人もうらめしあぢきなく〜ももしきやふるき軒端のしのぶにも

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。