萩原健一名作セット

  • cd

萩原健一名作セット



90ポイント
¥9,072(税込)

ご注文確定後、お客様のご都合によるキャンセル・返品はお受けしておりません。
お支払方法
発売日:
2019年08月06日
在庫
規格品番 DB-0716/DA-5150/DB-5309
通販品番 A3211
  • 商品をお気に入りに登録
  • twitter

商品詳細

約束

約束とは 明日にかけるもの
こわれないようにやさしく 逃さないように激しく・・・・・

「頂くわ、お弁当」「口をきいたな、あんた!」二人が初めて言葉を交わしたのは、こんなやりとりだった・・・
看視付きで仮出所した女囚と刑事に追われる強盗犯が列車の中で隣り合わせ、恋に落ちる――
極限状態にある男女の短いが激しく燃えつくした明日なき恋を描く・・・・・


八つ墓村

怨念が生む連続殺人事件!横溝文学の最高峰!!
神秘の鍾乳洞に展開する怪奇とロマンの世界

尋ね人の呼びかけに応え、辰弥は法律事務所を訪れた。そこには亡母の父・丑松が辰弥を生まれ故郷へ迎えに来ていた。
しかし、丑松がその場で悶死、辰弥は美也子の案内で葬式に「八つ墓村」へ向かった。
そこで辰弥を待っていたは、村の富豪・多治見家の跡取りの座だった。そして、奇怪な連続殺人事件が起こっていく…。


226

1500名の兵士と陸軍将校22名。
日本を変えようとして決起した青年たち。
妻や子と別れたその日、昭和11年2月26日は朝から激しい雪だった・・・・・・

昭和11年2月26日、午前零時。早春の雪が、帝都東京に降りしきっていた。
22名の陸軍青年将校に率いられた総勢約1,500名の決死部隊が、それぞれの連隊の営門を出発していった。
男が男らしく、女が女らしくあった時代。昭和初期の社会の原動力ともなった若者たちの純粋さが事件を引き起こしたといっても過言でないほど、彼らの一途な情熱は凄絶だった――。

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。