原子心母の危機AtomHeartMotherisontheedge | モルゴーア・クァルテット

  • cd

原子心母の危機AtomHeartMotherisontheedge



30ポイント
¥3,024(税込)

ご注文確定後、お客様のご都合によるキャンセル・返品はお受けしておりません。
発売日:
2014年05月21日
在庫
規格品番 COCQ-85066
通販品番 E5469
JANコード 4988001758877
ディスク枚数 1
  • 商品をお気に入りに登録
  • マイアーティストに登録
  • twitter

商品詳細

この危機の時代に、新たな様相で転生するプログレ古典の名曲群


ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため1992年秋に結成された弦楽四重奏団、モルゴーア・クァルテットによるプログレ・カヴァー・アルバム第2弾。本作でもプログレ至上主義者、ヴァイオリンの荒井洋治による入魂のアレンジで、凡百のクラシック・アレンジとは異なる、熱い偏愛に満ちた作品。


激賞を受けたプログレ・アルバム《 21世紀の精神正常者たち》の衝撃から2年。東日本大震災にショックを受けてキース・エマーソンが書き上げたピアノ小品の弦楽四重奏編曲を、キース本人から請われた荒井英治(第1ヴァイオリン)は、震災に伴う未曾有の人災としての「フクシマの危機」と「原子心母」を、 いつしか結び付け、その同一線上に「レッド」、「危機」を見ることで、本アルバムの方向性が決まったといいます。 荒井の見事な編曲&モルゴーア渾身の演奏は、前作を凌駕する程の集中力と高いテンション。


「音楽は現実からの逃避になってはならない。逆に立ち向かうべきことを教えてくれるのではないか。」(荒井英治)


MORGAUA QUARTET(モルゴーア・クァルテット)は、ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため、1992年秋に結成された弦楽四重奏団。翌'93年6月に第1回定期演奏会を開始。'98年1月、第10回「村松賞」受賞。2001年1月の第14回定期演奏会でショスタコーヴィチの残した弦楽四重奏曲全15曲を完奏。 同年4月、第2ヴァイオリンを青木高志から戸澤哲夫に交代。'03年6月の第19回定期演奏会でベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲を完奏。 '01年11月からは「トリトン・アーツ・ネットワーク」との共催公演で《モルゴーア・クァルテットショスタコーヴィチ・シリーズ》を5回に亘って行ない、'03年12月に2度目の完奏。 '05年4月、マイスター・ミュージックから《ボロディン:弦楽四重奏曲集》を発売。'06年6月第25回定期演奏会でバルトークの弦楽四重奏曲全6曲を完奏。 同'06年9月には「トリトン・アーツ・ネットワーク」との共催でショスタコーヴィチ生誕100周年記念弦楽四重奏曲全曲演奏会を行ない、僅か3日間で全15曲を演奏し話題を呼んだ。 '08年11月、東京フィルハーモニー交響楽団第761回サントリー定期シリーズにマルティヌー作曲「弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲」のソリストとして招聘され、弦楽四重奏団としての高いクオリティを評価された。'09年1月の第30回定期演奏会でベートーヴェン中期弦楽四重奏曲を完奏。'11年5月、2010年度「アリオン賞」受賞。 '12年6月、結成20周年記念ガラコンサート「20thAnniversaryMorgauaQuartetGALA」を福島、東京、大阪で開催し、日本コロムビアからリリースした、全曲荒井英治編曲のプログレッシヴ・ロック・アルバム《21世紀の精神正常者たち》の発売と共にボーダーレスな弦楽四重奏団としての高い評価を受ける。モルゴーア・クァルテットの斬新なプログラムと曲の核心に迫る演奏は常に話題と熱狂を呼んでる。 「モルゴーア」はエスペラント語(morga a=明日の)に原意を持つ。

収録内容

  1. レッド(キング・クリムゾン)
    Red(King Crimson)
  2. 原子心母(ピンク・フロイド)
    Atom Heart Mother(Pink Floyd)
  3. 平和〜堕落天使(キング・クリムゾン)
    Peace 〜 Fallen Angel including Epitaph(King Crimson)
  4. ザ・シネマ・ショウ〜アイル・オヴ・プレンティ(ジェネシス)
    The Cinema Show 〜 Aisle of Plenty(Genesis)
  5. トリロジー(エマーソン・レイク&パーマー)
    Trilogy(Emerson Lake and Palmer)
  6. 危機(イエス)
    Close to the Edge(Yes)
  7. ザ・ランド・オブ・ライジング・サン(キース・エマーソン)
    The Land of Rising Sun(Kieth Emerson)

<モルゴーア・クァルテット>
荒井英治(第1ヴォイオリン、東京フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスター)
戸澤哲夫(第2ヴォイオリン、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター)
小野富士(ヴィオラ、NHK 交響楽団次席奏者)
藤森亮一(チェロ、NHK 交響楽団首席奏者)

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。