大日本帝國海軍史

  • dvd

大日本帝國海軍史



151ポイント
¥15,120(税込)

ご注文確定後、お客様のご都合によるキャンセル・返品はお受けしておりません。
発売日:
2013年07月25日
在庫
規格品番 .
通販品番 F7015
ディスク枚数 4
  • 商品をお気に入りに登録
  • twitter

収録内容

第一巻 大海軍への道

幕末のペリー来航の影響力により、海防の必要性を痛感した日本は、帝國海軍を設立。日清・日露戦争を通じて強化された帝國海軍は、やがて世界有数の大海軍に成長してゆく。かつて世界を圧した「大日本帝國海軍」の興亡を集大成!

    ・帝國海軍の誕生

    ・海軍省設立

    ・海軍兵学校開設

    ・日清戦争

    ・日露戦争

    ・日本海海戦

    ・日本の大陸進出

    ・日独伊三国同盟

    ・対米交渉 他

●ナレーション:大塚明夫

●モノクロ・一部カラー39分

第二巻 対米宣戦

日本の大陸進出に警戒感を強めるアメリカと日本の関係は悪化の一途をたどり、昭和16年真珠湾攻撃をきっかけに太平洋戦争が勃発、日本は相対することとなった。あざやかな大勝利の連続に、もはや帝國海軍に敵はないかのように見えた。

    ・機動部隊、単冠湾を出撃

    ・真珠湾攻撃

    ・マレー沖海戦

    ・ジャワ沖海戦

    ・バリ島沖海戦

    ・スラバヤ沖海戦

    ・セイロン島沖海戦 他

●ナレーション:大塚明夫

●モノクロ・一部カラー40分

第三巻 太平洋の激闘

初戦は勝利の連続で、世界最強とも言われた日本海軍だったが、ミッドウェーで大敗を喫し、やがて太平洋戦争の転換点となるガダルカナル島攻防戦に突入した。その攻防戦の中で山本五十六連合艦隊司令長官は戦死、戦局は日本不利に傾きつつあった。

    ・珊瑚海海戦

    ・ミッドウェー海戦

    ・ガダルカナル島攻防戦

    ・ソロモン海戦

    ・南太平洋海戦

    ・山本連合艦隊司令長官戦死 他

●ナレーション:大塚明夫

●モノクロ・一部カラー40分

第四巻 帝國海軍の終焉

ガダルカナル撤退以降、米軍の圧倒的な兵力の前に日本軍は徐々に追いつめられていった。帝國海軍は総力を挙げて出撃したマリアナ沖、レイテ沖の両海戦に敗れ、ついに戦艦大和の海上特攻・神風特攻を経て、終戦を迎えることとなった。

    ・マリアナ沖海戦

    ・レイテ沖海戦

    ・神風特攻隊

    ・終戦 他

●ナレーション:大塚明夫

●モノクロ・一部カラー39分

●DVD4枚組


【発売・販売元】コアラブックス

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。