1975年8月15日熱狂の日比谷野音VOL.2“望郷” ふるさとを想う

  • cd

1975年8月15日熱狂の日比谷野音VOL.2“望郷” ふるさとを想う



24ポイント
¥2,484(税込)

ご注文確定後、お客様のご都合によるキャンセル・返品はお受けしておりません。
発売日:
2014年07月23日
在庫
規格品番 COCJ-38630
通販品番 E5589
JANコード 4988001761945
ディスク枚数 1
  • 商品をお気に入りに登録
  • twitter

商品詳細

真の唄者がいて、遺すべき歌がある。沖縄の唄が最も熱かった時代の記録。


沖縄民謡の全国普及に大きな貢献をし、その後の沖縄民謡ブームを生み出す端緒となった、ルポライター竹中労プロデュースの諸作品がついにCD化! 1974?6年の本土復帰間もない激動の時代に録音された、嘉手苅林昌登川誠仁知名定男大工哲弘ら、最高の唄者による名唱、名演の数々。 リマスタリングは、大工哲弘の「BLUE YAIMA」(2013年)をプロデュースした音の錬金術師:久保田麻琴が担当。


本作は、1975年の終戦の日に日比谷野外音楽堂にて催された琉球フェスティバルの実況録音盤。エイサー、カチャーシーも収録したタイトルどおり熱狂のライヴ。初CD化。


流行性沖縄病や沖縄ブームが去り、今は沖縄発の音楽が定着している。それは、故 竹中労が沖縄に関わった時から始まった。
そのきっかけとなった貴重な音源が今、甦る。
【知名定男】


この歴史的録音は、当時の情熱的な企画スタッフ、優秀な技術チームにより、実に丁寧に録られており、演奏/歌唱の秀逸さが語りかけてくる。
嘉手苅林昌の数々の名演も凄いが、若き大工哲弘の神がかった勢いの良さ、その師とも云える山里勇吉の円熟と迫力、すでに完成されていた大城美佐子の情感、等々が、食わず嫌いだった私の耳をこじ開けた。
【久保田麻琴】

収録内容

  1. 朝花節
    /里国隆
  2. 俊良主節(しゅんじゅっしゅぶし)
    /里国隆
  3. ふるさとを想う
    /饒辺愛子
  4. 別れの煙
    /知名定繁、知名定男
  5. 花風(はなふう)
    /知名定繁、登川誠仁
  6. 南洋小唄
    /糸数カメ
  7. 南洋浜千鳥
    /知名定男
  8. 移民小唄
    /登川誠仁、瀬良垣苗子
  9. 仲順流れ(ちゅんじゅんながれ)
    〜久高万寿主(くだかまんじゅーしゅ)
    〜スーリ東(あがり)
    〜唐船(とうしん)ドーイ
    /知名定男・登川誠仁・嘉手苅林昌他全員
  10. アッチャメ小(ぐゎ)〜嘉手久(かでぃく)
    /登川誠仁他全員

オリジナル・リリース:1975/11/25
LP番号:CD-5110


司会:照屋林助

プロデュース:竹中 労
リマスタリング:久保田麻琴
監修:知名定男、岩永文夫

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。