伊福部昭:舞踊音楽《プロメテの火》

  • cd

伊福部昭:舞踊音楽《プロメテの火》



30ポイント
¥3,024(税込)

ご注文確定後、お客様のご都合によるキャンセル・返品はお受けしておりません。
発売日:
2014年01月29日
在庫
規格品番 COCQ-85045
通販品番 E5134
JANコード 4988001755272
ディスク枚数 1
  • 商品をお気に入りに登録
  • twitter

商品詳細

伊福部昭 生誕100年(2014年)記念


作曲家・伊福部昭の舞踊音楽《プロメテの火》。人間に火を与えたとされるプロメテウスの物語(ギリシャ神話)を題材に、人間の悩みや苦しみと希望を描いたこの作品は、舞踏家 江口隆哉との共同制作によって1950年に初演され、全国で100回近く上演されて戦後の混迷期にあった人々を勇気づけ、高い評価を得た作品です。長く再演が途絶えましたが、行方不明だったスコアが発見され、江口の門下生や研究者らによって蘇演の準備が進められています。このディスクは、伊福部作品のスペシャリストといえる広上淳一の指揮、同作品を初演した東京交響楽団による半世紀ぶりの演奏会形式ライヴをベースとした録音。独特のリズムやオスティナートなど伊福部の際立つ個性を、生気溢れる演奏でご堪能ください。


日本を代表する作曲家・伊福部昭(1914〜2006)の舞踊音楽「プロメテの火」が2013年6月1日、約半世紀ぶりに演奏会形式で上演されました。公演と同じ広上淳一指揮東京交響楽団による録音が実現し、「幻の作品」が広く紹介される機会です。
「プロメテの火」は、伊福部と日本現代舞踊の礎を築いた舞踊家の江口隆哉が共同制作したもので、上田仁指揮の東宝交響楽団(現、東京交響楽団)により、帝国劇場(東京)で1950年に初演されました。人間に火を与えたとされるギリシャ神話のプロメテウスの物語を題材に、人間の悩みや苦しみと希望を描いた作品で、戦後の混迷期にあった当時の日本人を勇気づけたといわれます。
迫力ある美しい群舞などが大きな反響を呼び、川端康成の長編小説『舞姫』にも公演の様子が描かれています。
1960年までの間に全国で100回近く上演されましたが、その後は再演が途絶えていました。


オーケストラの総譜は長年行方不明になっていたため、伊福部ファンの間では、「幻の作品」とされてきた同作品ですが、2009年に江口の関係者によってスコアが発見され、2011年以降、江口の門下生や研究者らによって、再演に向けた準備が進められています。この公演と録音は、舞踊つきの舞台上演に先立つものとして、大きな意義をもちます。
併録された、舞踊音楽《日本の太鼓“鹿踊り”》は、同じく江口・伊福部の共同制作によって、《プロメテの火》の翌年に初演された作品。生気溢れるリズムが特徴の音楽を、広上淳一指揮する東京交響楽団の雄渾な演奏でご堪能ください。

収録内容

伊福部昭:舞踊音楽《プロメテの火》


編成:
フルート2(2番フルート:ピッコロ持替)、オーボエ1、イングリッシュ・ホルン1、クラリネット2、バスーン2、 ホルン2、トランペット2、トロンボーン2、ティンパニ1、打楽器1(大太鼓、スネアドラム、サスペンション・シンバル)、ピアノ、 弦五部


(1)前奏曲 〜 プロローグ 〜 間奏曲
(2)第一景 《火なき暗黒 アイオの踊り》 〜 間奏曲
(3)第二景 《火を盗むもの》 〜 間奏曲
(4)第三景 《火の歓喜》 〜 前奏曲 〜 間奏曲
(5)第四景 《コーカサスの山巓》(さんてん)


伊福部昭:舞踊音楽「日本の太鼓」鹿踊り(ししおどり)
1951年オリジナル版

編成:
フルート2(2番フルート:ピッコロ持替)、オーボエ2、クラリネット2、バスーン2、 ホルン2、トランペット2、トロンボーン2、ピアノ、 ティンパニ、打楽器2(大太鼓、スネア・ドラム)、 太鼓&竹、弦五部


(6)前奏曲
(7)I 八ツの鹿の踊り
(8)II 女鹿かくしの踊り
(9)III ニツの鹿の踊り
(10)IV 八ツの鹿の踊り



広上淳一 指揮 東京交響楽団
録音 2013. 5. 27 / 5. 28 / 6. 1(ライヴ) ミューザ川崎

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。