アヴァタリアム

  • cd

アヴァタリアム



24ポイント
¥2,484(税込)

発売日:
2013年10月30日
在庫
規格品番 COCB-60105
通販品番 E4827
JANコード 4988001754336
ディスク枚数 1
  • 商品をお気に入りに登録
  • twitter

商品詳細

日本コロムビアが満を持して立ち上げる、ハード・ロック&オルタナティヴ専門の洋楽レーベル≪Incubator(インキュベーター)≫リリース!


暗闇は夢幻…
Candlemassのレイフ・エドリングが興したドゥーム・プロジェクト、アヴァタリアムのデビュー作。女性ヴォーカルをフィーチャーし、どこまでも深淵な空間を造り上げる。


結成わずか8か月にして、既にAVATARIUM はその名をシーンに響き渡らせている。JETHRO TULL, BLUE OYSTER CULT, BLACK SABBATH, RAINBOWなどが持っていた瞬間の美、そして儚さを内包する彼らのサウンドが、現代のバンドと違うことはすぐに分かるだろう。60年代の音楽が持っていたポップ感覚さえもそこには感じられる。

収録内容

Candlemass のLeif がソロ用に書き溜めていたデモ、それがすべての始まりだった。ギターのMarcus がセッションに参加。そのまま2人を中心として、月日は流れ、数カ月後にはRonny Lahtiのエンジニアリングで、アルバムAVATARIUMが完成した。

すでにリリース済みのEPには、バンドの方向性を十分に知らしめる‘Moonhorse’, ‘Boneflower’ の2曲に加え、BLACK SABBATH のカヴァー、 ‘War Pigs’ がオリジナルトラックと聞き間違えられるようなアレンジで収録された。

アルバムは全7曲収録という、これも最近では非常に珍しい少ないトラック数だが、その密度の濃さ、各楽曲の持つ魅力に異議を唱える者はあるまい。

ディープ、かつブルージーなJennies の声こそ、 AVATARIUMの顔と言って差し支えないものであるが、それを支えるバック・メンバーのテクニックにも驚嘆せざるを得ない。

‘Bird of Prey’ や ‘Lady in the Lamp’、アルバムのそこかしこにハイライトが現れる。鍵盤奏者のCarl Westholmが操る theremin や mellotronsといった楽器もアルバムに花を添えている。力強いドラミングでバンドをけん引するLars Skoldは最後に参加したメンバーだが、 ‘Moonhorse’ 、 ‘Pandoras Egg’ などの楽曲で、見事なグルーヴを炸裂させる。

Leif は CANDELMASS (and KRUX) の活動開始時からキャリアをスタート。ギターのMarcus は EVERGREY 、ROYAL HUNTのメンバー、 Dr Carl はプログレ・バンド JUPITER SOCIET、 CARP TREE 、そしてドラムの Lars は TIAMAT の出身というだけあり、その実力は折り紙つきだ。そして紅一点の Jennie-Ann が歌うことで彼らの類まれなサウンドは具現化した。

Doom Metal という言葉さえも超え、AVATARIUMの旅が今始まる・・・


  1. Moonhorse
    ムーンホース
  2. Pandora's Egg
    パンドラズ・エッグ
  3. Avatarium
    アヴァタリアム
  4. Boneflower
    ボーンフラワー
  5. Bird Of Prey
    バード・オブ・プレイ
  6. Tides Of Telepathy
    タイズ・オブ・テレパシー
  7. Lady In The Lamp
    レディ・イン・ザ・ランプ

Line up:
vocals:Jennie-Ann Smith
guitar:Marcus Jidell
bass:Leif Edling
drums:Lars Skold
keyboard:Carl Westholm

この商品のレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。