決定盤 名曲喫茶のクラシック〜懐かしのクラシック小品集〜

ご注文は今すぐこちらへ

DISC-1 懐かしいオーケストラ名曲集

  1. 「軽騎兵」序曲(スッペ)
  2. 波濤を越えて(ローサス)
  3. ドナウ河のさざ波(イヴァノヴィチ)
  4. ドリゴのセレナード(ドリゴ)
  5. ハイケンスのセレナード(ハイケンス)
  6. 組曲「ペール・ギュント」~朝(グリーグ)
  7. 歌劇「マドンナの宝石」間奏曲(ヴォルフ=フェラーリ)
  8. 金婚式(マリー)
  9. 酋長の行列(イッポリトフ=イヴァーノフ)
  10. ビヤ樽ポルカ(ヴェイヴォダ)
  11. ペルシャの市場にて(ケテルビー)
  12. 「詩人と農夫」序曲(スッペ)
  13. トルコ行進曲(ベートーヴェン)
  14. 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲(マスカーニ)
  15. スケーターズ・ワルツ(ワルトトイフェル)
  16. ラデツキー行進曲(J.シュトラウス1世)

DISC-2 永遠のピアノ名曲集

  1. 楽興の時 第3番(シューベルト)
  2. 月の光(ドビュッシー)
  3. 愛の夢 第3番(リスト)
  4. トルコ行進曲(モーツァルト)
  5. ソナチネ ハ長調~第1楽章(モーツァルト)
  6. 小犬のワルツ(ショパン)
  7. 雨だれの前奏曲(ショパン)
  8. 乙女の祈り(パダジェフスカ)
  9. 革命のエチュード(ショパン)
  10. 別れの曲(ショパン)
  11. 春の歌(メンデルスゾーン)
  12. 軍隊行進曲(シューベルト)
  13. パデレフスキのメヌエット(パデレフスキ)
  14. ワルツ 変イ長調(ブラームス)
  15. トロイメライ(シューマン)
  16. 亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
  17. アラベスク第1番(ドビュッシー)
  18. 幻想即興曲(ショパン)
  19. 「月光ソナタ」~第1楽章(ベートーヴェン)
  20. ラ・カンパネラ(リスト)

DISC-3 美しきヴァイオリン名曲集

  1. タイスの瞑想曲(マスネ)
  2. ユーモレスク(ドヴォルザーク)
  3. チャルダッシュ(モンティ)
  4. 中国の太鼓(クライスラー)
  5. チゴイネルワイゼン(サラサーテ)
  6. 思い出(ドルドラ)
  7. 美しきロスマリン(クライスラー)
  8. 歌の翼に(メンデルスゾーン/ハイフェッツ編)
  9. 熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ)
  10. 愛の喜び(クライスラー)
  11. 愛の悲しみ(クライスラー)
  12. G線上のアリア(J.S.バッハ/ウィルヘルミ編)
  13. ロマンス ヘ長調(ベートーヴェン)
  14. メロディ(チャイコフスキー)
  15. 愛のあいさつ(エルガー)
  16. 夜想曲第20番(ショパン/ミルシテイン編)
  17. タンゴ(アルベニス/クライスラー編)
  18. エストレリータ(ポンセ/ハイフェッツ編)

DISC-4 様々な楽器のための名曲集

  1. 白鳥(サン=サーンス)
  2. 夢のあとに(フォーレ)
  3. アルルの女~メヌエット(ビゼー)
  4. 泉(アッセルマン)
  5. アルハンブラの思い出(タルレガ)
  6. 禁じられた遊び(スペイン民謡)
  7. ジョスランの子守歌(ゴダール)
  8. シシリエンヌ(フォーレ)
  9. ハンガリー田園幻想曲(ドップラー)
  10. 3つのロマンス~第1番(シューマン)
  11. 精霊の踊り(グルック)
  12. 調子のよい鍛冶屋(ヘンデル)
  13. 小フーガ ト短調(J.S.バッハ)
  14. かっこう(ダカン)
  15. クラリネット五重奏曲~第1楽章(モーツァルト)
  16. 管弦楽組曲第2番~ポロネーズ(J.S.バッハ)
  17. ブランデンブルク協奏曲第2番~第3楽章(J.S.バッハ)

DISC-5 聴きつがれる世界の名歌集

  1. なつかしき愛の歌(モロイ)
  2. 庭の千草(アイルランド民謡)
  3. 埴生の宿(ビショップ)
  4. 夜の調べ〔グノーのセレナ―ド〕(グノー)
  5. 故郷の人々(フォスター)
  6. 帰れソレントへ(デ・クルティス)
  7. オー・ソレ・ミオ(ディ・カプア)
  8. 歌劇「リゴレット」~女心の歌(ヴェルディ)
  9. 歌劇「カルメン」~闘牛士の歌(ビゼー)
  10. 歌劇「魔弾の射手」~狩人の合唱(ウェーバー)
  11. 歌劇「蝶々夫人」~ある晴れた日に(プッチーニ)
  12. ヴィリアの歌(レハール)
  13. アニー・ローリー(J.D.スコット)
  14. ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)
  15. 野ばら(ウェルナー)
  16. ローレライ(ジルヒャー)
  17. エレジー〔悲歌〕(マスネ)
  18. アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー)
  19. 野ばら(シューベルト)
  20. モーツァルトの子守歌(フリース)
  21. アレルヤ(モーツァルト)
決定盤 名曲喫茶のクラシック〜懐かしのクラシック小品集〜

【DISC1 演奏】
(1)ヴァーツラフ・ノイマン指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/(2、10)秋山和慶 指揮 コロムビア・プロムナード・オーケストラ/(3)秋山和慶 指揮 ミリオン・ポップス・オーケストラ/(4)早川正昭 指揮 東京ヴィヴァルディ合奏団/(5)ウラディーミル・ヴァーレク指揮 ドヴォルザーク室内管弦楽団/(6)ヴァーツラフ・スメターチェク指揮 プラハ交響楽団/(7)石丸寛 指揮 東京都交響楽団/(8、9、13、15)サー・チャールズ・グローヴズ指揮 フィルハーモニア管弦楽団/(11)渡邊暁雄 指揮 日本フィルハーモニー交響楽団/(12)小林研一郎 指揮 東京都交響楽団/(14)ランベルト・ガルデッリ指揮 ミュンヘン放送管弦楽団/(16)ロベルト・シュトルツ指揮 ウィーン交響楽団

【DISC2 演奏(ピアノ)】
(1、11、15)ジョン・オコーナー/(2,16,17)ジャック・ルヴィエ/(3)ジャン=イヴ・ティボーデ/(4)イングリット・ヘブラー/(5)マリア・ジョアオ・ピリス/(6、18)ブルーノ・リグット/(7)ニキタ・マガロフ/(8、14)イリーナ・メジューエワ/(9,10)田部京子/(12)ジョナサン・ヒンデン/(13)神西敦子/(19)ブルーノ=レオナルド・ゲルバー/(20)反田恭平

【DISC3 演奏】
(1、9、15)チー・ユン(ヴァイオリン)、江口 玲(ピアノ)/(2、4)小林美恵(ヴァイオリン)、江口 玲(ピアノ)/(3)水野佐知香、荒井章乃(ヴァイオリン)、田中麻紀(ピアノ)/(5、13)ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオリン)、井上道義 指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団/(6)ジェイコブ・クラクマルニック(ヴァイオリン)、大堀あつ子(ピアノ)/(7、10、11、17)ジェラール・ジャリ(ヴァイオリン)、岩崎 淑(ピアノ)/(8、12、18)加藤知子(ヴァイオリン)、ダン・サンダース(ピアノ)/(14)ボリス・ベルキン(ヴァイオリン)、マイケル・スターン指揮 フィルハーモニア管弦楽団/(16)吉田恭子(ヴァイオリン)、白石光隆(ピアノ)

【DISC4 演奏】
(1)ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)、岩崎 淑(ピアノ)/(2)藤原真理(チェロ)、岡本美智子(ピアノ)/(3)エマニュエル・クリヴィヌ指揮 国立リヨン管弦楽団/(4)竹松 舞(ハープ)/(5)シャロン・イスビン(ギター)/(6)菊池真知子(ギター)/(7)ヴァーツラフ・アダミーラ(チェロ)、井上久美子(ハープ)/(8、11)マクサンス・ラリュー(フルート)、霧生トシ子(ピアノ)/(9)アンドラーシュ・アドリヤン(フルート)、アラン・プラネス(ピアノ)/(10)ポール・メイエ(クラリネット)、エリック・ル・サージュ(ピアノ)/(12、14)ズザナ・ルージチコヴァー(チェンバロ)/(13)ハンス・オットー(オルガン)/(15)ザビーネ・マイヤー(クラリネット)、フィルハーモニア・クヮルテット・ベルリン/(16、17)ルドルフ・バウムガルナー指揮ルツェルン弦楽合奏団

【DISC5 演奏】
(1~3)鮫島有美子(ソプラノ)、田中良和 指揮 東京都交響楽団/(4、15~18)鮫島有美子(ソプラノ)、ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)/(5)藍川由美(ソプラノ)、中野振一郎(ピアノ)/(6)水口聡(テノール)、大塚めぐみ(ピアノ)/(7)秋川雅史(テノール)、小島さやか(ピアノ)/(8)ジャコモ・アラガル(テノール)、ランベルト・ガルデッリ指揮ミュンヘン放送管弦楽団/(9)ピエロ・カプッチッリ(バリトン)、ロリン・マゼール指揮ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団・合唱団/(10)ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団・合唱団/(11)アンナ・モッフォ(ソプラノ)、クルト・アイヒホルン指揮ミュンヘン放送管弦楽団/(12)鮫島有美子(ソプラノ)、松尾葉子 指揮 東京都交響楽団、二期会合唱団/(13,14)鮫島有美子(ソプラノ)、田中良和 指揮 東京都交響楽団、合唱団OMP/(19)ヘルマン・プライ(バリトン)、レナード・ホカンソン(ピアノ)/(20)幸田浩子(ソプラノ)、大萩康司(ギター)/(21)幸田浩子(ソプラノ)、ヤクブ・フルーシャ指揮プラハ・フィルハーモニア ※トラック6~11、19~21は原語歌唱です。

▲このページの先頭へ


演奏会やレコードが高価だった時代に、一杯60円のコーヒーと共にクラシック音楽を楽しめるオアシス―それが名曲喫茶でした。
そんな時代の懐かしいクラシック小品を集めた本作品の楽しみ方を、監修者であり名曲喫茶の経営者でもある宮本英世氏に伺いました。
 >> 『名曲喫茶のクラシック』発売によせて スペシャルコラムはコチラ