ベルリン国立バレエ団「くるみ割り人形」(全2幕・バール版)

アーティスト名:ベルリン国立バレエ団

DVD 1枚組 1曲 F5447  COBO-6137

2011年11月23日発売

クリスマスの定番バレエ「くるみ割り人形」にパリ・オペラ座バレエのバールが新演出
若きマラーホフが踊る王子は必見! 指揮はD.バレンボイム


数々のバージョンがあるクリスマスの定番バレエ「くるみ割り人形」。 パリ・オペラ座バレエ出身のパトリス・バールの演出版は、古典では台本化されなかった原作の幻想的なニュアンスを、あちこちに発見できる作品である。謎解きや深読みという空想で遊べる面白さも魅力といえる。一層謎めいたドロッセルマイヤー、過去を克服するマリー、くるみ割り人形にされた美しい王子、冒頭から怪しい不思議さにいつしか引き込まれていく。(冨澤ひろ江)

幼少時に盗賊にさらわれ母と生き別れた大公国の公女、主人公マリー(原作ではこの名前)。その後、記憶を失いシュタールバウム家の娘として過ごすが、母は氷の王宮に住むと信じていた。あるクリスマスの夜、ドロッセルマイヤーが贈ったくるみ割り人形を見て記憶がよみがえる。襲いくる盗賊を倒すと、くるみ割り人形は王子に変わった。3人は氷の王宮に旅立ちで母と再会するが…
マリーが記憶を取り戻すきっかけとなる“くるみ割り人形”=王子には、いまやベルリン国立バレエ団の芸術監督となった貴公子ウラジーミル・マラーホフ。マリーはナジャ・サイダコーワ、氷の王宮の主人でマリーの母親はベアトリス・クノップと、2011年1月の来日公演でも素晴らしい踊りを披露した2人が踊っている。安定したステップの中にも、妖しい魅力をたたえて踊るオリヴァー・マッツも目が離せない存在だ。 指揮者にはあのダニエル・バレンボイム。美しい音の魅力を表現する演奏はとても心地よく、その演奏のテンポに合わせて踊るダンサーたちもまた素晴らしい。踊り、音楽、衣装、美術など、バレエが総合芸術であることをあらためて実感できる、そんな舞台となっている。



販売価格
5,184
ポイント
51 ポイント

販売価格と商品に記載されている金額の差異に関して

一部の商品で、旧税率で計算された税込価格のみがパッケージ等に記載されており、実際の販売価格と異なる場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

収録内容


【出演】
マリー:ナジャ・サイダコーワ
ドロッセルマイヤー:オリヴァー・マッツ
王子(くるみ割り人形):ウラジーミル・マラーホフ
母(氷の王宮の主人):ベアトリス・クノップ
雪の女王:ヴィアラ・ナチェーワ
シュタールバウム氏:トルステン・ヘントラー
シュタールバウム夫人:バルバラ・シュレーダー
他 ベルリン国立バレエ団(ベルリン国立歌劇場バレエ:収録時)

振付・演出:パトリス・バール
原作:マリウス・プティパ
音楽:ピョートル・チャイコフスキー
演奏:ダニエル・バレンボイム指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団
美術:ルイザ・スピナテッリ
照明:マウリツィオ・モントッビオ

収録:1999年 ベルリン国立歌劇場

1999年ドイツ作品 118分収録
片面2層,チャプター有,メニュー画面
カラー/16:9
音声 ステレオ・リニアPCM/DTS5.1ch

(C)BEL AIR MEDIA ZDF ARTE NHK VTHR MUZZIK - 1999

ユーザーレビュー一覧

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。