マーラー:交響曲第1番《巨人》

CD 1枚組 E5481  COGQ-69

2014年5月21日発売

イタリア出身の指揮者、アンドレア・バッティストーニが東京フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に登壇した模様を収めたアルバム。


イタリアの若き天才指揮者、アンドレア・バッティストーニが再び東京フィル定期に代棒で登壇するというとニュースは、昨年5月のレスピーギ:ローマ三部作で度肝を抜かれたファンを狂喜させました。これは、その最終日のライヴ録音です。
当日とって若干26歳のこの天才を形容するのに、早くもトスカニーニ、アバド、ムーティ、といったイタリア人指揮者の先達が引き合いに出されていますが、その偉才は格別で、遠からぬ将来、フルトヴェングラー、カラヤン、クライバーといった時代を画した存在に連なるものとして語られることになる可能性すら秘めています。強いて類型を探すとすれば、音楽界よりもミケランジェロや運慶といった超・彫刻の世界へ目を向けた方が良いかもしれません。奇しくも曲の作曲年代とほぼ並行してこの作品に初めて取り組んだわけですが、「そこにあるものをただ彫り起こしただけ」といった趣の、まさに自らが作曲したかのような鮮度とリアリティーを湛えた演奏となりました。


SACD Hybrid
[Stereo & 5chサラウンド]



販売価格
3,024
ポイント
30 ポイント

販売価格と商品に記載されている金額の差異に関して

一部の商品で、旧税率で計算された税込価格のみがパッケージ等に記載されており、実際の販売価格と異なる場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

収録内容

  1. 交響曲 第1番 ニ長調《巨人》
    I - ゆるやかに引きずるように、自然音のように
  2. 交響曲 第1番 ニ長調《巨人》
    II - 力強く動いて、しかし急がずに
  3. 交響曲 第1番 ニ長調《巨人》
    III- 厳粛に重々しく、引きずることはせずに
  4. 交響曲 第1番 ニ長調《巨人》
    IV - 嵐のように動いて

アンドレア・バッティストーニ 指揮
東京フィルハーモニー交響楽団


ライヴ録音(96kHz / 24bit)
録音:2014年1月31日、サントリーホール

ユーザーレビュー一覧

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。